MENU

新中野の歯列矯正専門歯科

医院・院長紹介

ごあいさつ

エレ矯正歯科 院長 林 加奈子です。

私自身が中学生の頃に矯正をしました。「八重歯」だった歯並びがどんどんきれいになっていくことに感動し、自分も歯科矯正医になる!これが、私が歯科矯正医になったきっかけです。

歯科矯正医になって、私が感じた喜びを、患者様からお聞きすることができた時、患者様の嬉しいという気持ちが「笑顔」で私に伝わってきました。そして私が笑顔になっていました。笑顔が自分ばかりでなく周りの人をも幸せに和やかな気持ちにさせるものだと、この時知ったのです。

すてきな笑顔作りのお手伝いができればと思っています。また、1人でも多くの患者様が、矯正したことが自分の将来や、選択の決断のきっかけになるといいなと思っています。

略歴
平成14年3月
日本大学歯学部卒業
日本矯正歯科学会認定医

外観・エントランス

当院は東京メトロ丸の内線「新中野駅」杉山公園口より徒歩4分、JR「中野駅」南口より徒歩10分です。
駐車場を完備しております。お車でお越しの方は、ご予約の際にお伝えください。

当院の看板

白地にピンクのぞうさんを目印にお越しください。

受付・待合室

素朴な疑問、相談等、些細なことでもお気軽にお問い合わせください。
患者様との信頼関係が良い治療結果につながりますので、コミュニケーションを大切にしております。

診療室

電球色のダウンライトを取り入れ、和やかな気持ちになるような暖かい雰囲気の診療室を心がけました。
また、診療中の患者様の目線に光が強すぎないよう、間接照明で光をとっています。

カウンセリングコーナー

矯正相談では、矯正治療とはどういうものか、治療期間、開始時期、装置の種類、治療の流れや費用について、ご相談いただいた内容をもとに専門医がわかりやすくご説明いたします。
矯正相談以降は、治療計画、治療経過、治療結果についてもご説明いたします。

デジタルレントゲン・セファロ

当院のレントゲンは、高画質の上、放射線量は従来のフィルム方式の1/16と体に優しいデジタル方式を使用しております。
現像液などの廃液もでないので地球環境にも優しいです。
頭部の写真を撮影するセファロは矯正治療に必要なレントゲンです。

セファロ写真(側方頭部X線規格写真)

  • ・頭部に対する、上下あごの前後的位置関係
  • ・歯の傾斜角度
  • ・成長期であれば成長予測
  • 矯正治療の計画を立てる上で重要なレントゲン写真です。